クレイ洗顔の使い方や効果と種類人気の市販おすすめクレイ洗顔料

クレイ洗顔の使い方や効果、クレイの種類による効能、市販のクレイ洗顔料でおすすめのものや比較などをお届します。

クレイ洗顔のやり方や効果とクレイの種類

クレイ洗顔市販品ネット購入商品のクレイ効果は?

クレイ洗顔の市販品でプチプラな商品は余りクレイの効果が感じられないかも?と言う結果になりましたが、同じ市販品でもネットで購入できるもので、少し高めのものの効果はどうなのでしょうか?

Sponsored Link  

クレイ洗顔市販品ネット購入商品のクレイ効果は?

f:id:keisan21:20170409160018j:plain

ではネットで購入できる2,000円位から3,000円までのクレイ洗顔の効果をみて行きたいと思います。この位の値段を出して購入したなら効果があって欲しいですよね。

ホワイトベール白雪洗顔

f:id:keisan21:20170409154338p:plain

ホワイトヴェール 白雪洗顔

このホワイトベール白雪洗顔は、汚れを取り除き美白効果があるとのクレイ洗顔です。入っているクレイがカオリンとモンモリロナイトなので、美白と汚れの吸着があるとうたっている商品です。

ホワイトベール白雪洗顔の成分

水、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、酸化チタン、水酸化K、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、ラウリン酸、ココイルアラニンTEA、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、加水分解コラーゲン、馬油、セイヨウナツユキソウ花エキス、マグワ根皮エキス、マドンナリリー根エキス、カミツレ花エキス、ロサアルバ花エキス、ヒメフウロエキス、ワイルドタイムエキス、カンゾウ根エキス、カワラヨモギ花エキス、ナツメ果実エキス、オウゴン根エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、カオリン、ベントナイト、ラウリン酸ポリグリセリル-10、セバコイルビスラウラミドリシン2Na、オクチルドデセス-25、BG、ペンチレングリコール、ベルガモット果実油

 

しかし成分を見てみると、3番目のミリスチン酸やステアリン酸は、もっちりとした泡を作るために入っているものでコカミドプロピルベタインは>低刺激・低洗浄力の両性界面活性剤になり、しっとりとした洗い心地を作りますが、界面活性剤の1つです。

 

そしてその後は保湿成分が並び最後の方にカオリンとベントナイトが入っていますので、天然のクレイ洗顔と比べると、保湿成分や肌には優しめだけどクレイの効果はどうなんだろうと思います。

 

無いわけではありませんが、天然クレイを溶かして作ったクレイ洗顔と比べると普通より保湿成分が多い肌に優しい洗顔フォームかなぁと感じてしまいます。

 

そこに少しだけクレイの効果があるかも?と言うクレイ洗顔かなと思います。

 

110gで1,980円なので天然クレイ100gの倍の値段ですが、美白と泡立ちを楽しみたい人にはいいのでは無いでしょうか。

 

保湿成分はあくまでも洗顔時における界面活性剤などから肌を守るだけの保湿であって、ちゃんとした保湿は洗顔後はしっかりしてくださいね。

 

Sponsored Link  

泥練洗顔

泥練洗顔ですが厳選した6種類の泥がピタッと密着し、汚れや皮脂を吸着してしっかりからめとる泥(クレイ) 洗顔と言うことで、お値段が税込み1,944円。

 

やはりプチプラに比べると倍の値段がするだけあって、クレイの効果も期待出来そうです。

泥練洗顔の成分

水、ケイ酸AL、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、黒砂糖、ステアリン酸PEG-150、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、アルガニアスピノサ核油、海シルト、モロッコ溶岩クレイ、カオリン、イライト、タルク、塩化Na、ヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲン、豆乳発酵液、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、エタノール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

そして気になる成分ですが、海シルト、モロッコ溶岩クレイ、カオリン、イライト、タルク、などのクレイは含まれていますが、やはり洗顔フォームだけに界面活性剤や防腐剤などが含まれています。

 

クレイそのものの効果を試したい場合は、クレイと水以外何も使わない天然クレイを使う事をおすすめしますが、洗顔は泡で洗いたい、溶かすのが面倒と思う人は、余り沢山成分が入っていない市販の洗顔剤をおすすめします。

 

この様にクレイ以外に沢山入っていると、どの程度クレイが含まれているのかが全く解りません。クレイの成分量が他の洗顔成分に負けてしまうなら効果が期待出来ないからです。 

どろあわわ

f:id:keisan21:20170409154351p:plain

どろあわわ

 今や知らない人が少ないくらいになったどろあわわ。人気のクレイ洗顔です。濃密な泡と洗い心地が人気のようですが、クレイの配合などはどうなっているのでしょうか?

 

価格も税別2,980円と結構お高めですので期待が出来そうです。マリンシルトとベントナイトが入っています。

どろあわわの成分

水、ベントナイト、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ステアリン酸PEG-150、黒砂糖エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、サクシニルアテロコラーゲン、海シルト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、エタノール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

お、さすがどろあわわ、水の次にベントナイトが入っていますね。これはクレイ効果を期待出来そうです。次に泡立が良くなるための成分が続き、界面活性剤、海シルト、と続いています。

 

ベントナイトが2番目に来ているので、クレイの効果と濃密な泡で洗えること、界面活性剤も入っていますが、値段だけにクレイの配合は多めなのでは無いでしょうか。

まとめ

 天然クレイだけを使った洗顔は、泡立たせず直接肌に塗る洗顔です。それが嫌だ泡で洗いたい、毎回作るのが面倒と言う人には、市販のクレイ洗顔がオススメです。

 

ただし今回のあわわの成分表示くらい、クレイの記載位置が上位にあるものがおすすめです。

 

天然のクレイは泡ではありませんし、作るのも面倒ですが、市販品の様に界面活性剤やその他色々なものが入っておらず、肌には優しい洗顔です。

 

肌への優しさを取るか、簡単さを取るかは人それぞれなのですが、通常は市販のクレイ洗顔を使い、週末だけ天然クレイでしっかりパックしてスッキリすると言う方法もおすすめです。

 

ネットで購入できる市販のクレイで3,000円までのものなら、どろあわわがおすすめできるかなと思います。