クレイ洗顔の使い方や効果と種類人気の市販おすすめクレイ洗顔料

クレイ洗顔の使い方や効果、クレイの種類による効能、市販のクレイ洗顔料でおすすめのものや比較などをお届します。

クレイ洗顔のやり方や効果とクレイの種類

クレイ洗顔の方法や仕方は?効果的な洗顔方法でしっかり汚れを落としましょう

クレイ洗顔のしかたややり方をお届けします。間違った方法でクレイ洗顔をしても効果が半減すると嫌ですよね。

 

今回はクレイ洗顔の効果的なやり方をお届けします。

Sponsored Link  

クレイ洗顔の効果的な方法は?

 

f:id:keisan21:20170307140020j:plain

 

クレイ洗顔はクレイが主な成分の為、泡立たない事が特徴です。そのためこすり過ぎると肌を傷つけますし、間違った使い方をしていると効果が半減します。

 

では正しいクレイ洗顔やり方を順を追ってみていみますね。

クレイ洗顔の順序

1,まず手を顔をぬるま湯で濡らしておく

2,手のひらにクレイ洗顔を出してなじませる

3,肌をこすらない様に、優しく円をかく様にクルクルと肌になじませていく。

4、なじませる順は、Tゾーン⇒Uゾーン(頬とあご)

5,時間は1分位で終わること

6,35度くらいのぬるま湯で20回位はしっかりすすぐ

Sponsored Link  

クレイ洗顔の注意点

クレイ洗顔をする際にも注意点がありますので確認してくださいね。

 

1,クレイを直接肌につけない、お湯でなじませること

2,泡で洗うのでは無いため、無意識に肌をこすらないこと

3,円をかく時は外側に円をかくとたるみ防止になる

4,洗顔時間を長くしないこと

5,熱めのお湯などでシャワーして流さないこと

 

などがあります。洗顔時に肌を傷つけると肌にダメージを与え肌トラブルを招きます。クレイ洗顔は特に泡などのタイプでない事がおおいため、無意識に肌をこすり過ぎている可能性が高いのです。

 

また洗顔時間は長くても2分以内です。洗顔時間はすばやくそしてしっかり時間を掛けて流す事が正しい洗顔方法です。

 

そしてシャワーで流すと楽ですが、思っているより温度が高いことシャワーは顔のたるみの原因になるため、顔にはシャワーはしない方がいいのです。

 

まとめ

 いくら肌に優しいクレイ洗顔だからと言っても、洗顔方法を間違うと全く意味がありません。

 

界面活性剤が入っていなくても、肌をこすり過ぎると傷が出来ますし、やり過ぎると肌に負担が掛かります。

 

クレイ洗顔は正しい洗顔方法が出来ている事が条件で効果を発揮します。これはクレイ洗顔に限らず全ての事に言えるのですが、正しい方法で行っていると最大の効果を生み出します。

 

聞いている効果となにか違うなと思う時は、使っている商品を疑ってしまいますが、あなたの毎日行っている方法も間違っていないかも一緒に確かめてくださいね。